福井県在住女性(35)、養護教諭です。自分らしい人生を送りたい、と思いこの学校に入学しました。

1番の気づきは、幸せは自分の中にいつもある、ということです。

いつか、これができたら、こんな自分になったら、常に自分がより良い状態、周りへのより良い接し方ができたら、わたしは素晴らしくて満たされた状態になる、と外にばかり求めてきました。身近な家族には、あなたが変わりなさい、という態度で接してきました。外ではいい顔のわたし。。

自分自身のそのギャップと、いつも満たされない感覚とで、悩むの本当に好きだね、と言われるくらい自分で自分を苦しめてきました。

ニシト学校では、その解きほぐし方を、本当に丁寧に丁寧に、誰もがわかりやすい言葉で説明してくださいました。自分との正しい向き合い方、向き合うきっかけをスタートさせてくれました。

思考が常に自分に一体化している、という自分では気づくに気づけない事実を教えてくださいました。そのおかげで、自分の感情に振り回されにくくなってきましたし、 受け入れる、ということも少しずつできてきた気がします。自分自身で、自分が落ちついてきたな、と感じることが増えました。

良い悪いの思考は常に起こってきます。少し前、今あるものとの一体感、のようなものを感じた瞬間がありましたが、アレは思考の先を一瞬感じたのか、それとも別物か。不思議な感覚でしたが、学校で学んできたからこそ起こった感覚だったと思います。昔もそういう感覚が起こったときがあった気もしました。

今はいよいよ授業が終わってしまう寂しさと、11月末から本の作業やZOOMへの参加が滞ってることに苦しさを感じています。

いろいろと思うことはありますが、本当に言えることはただ一つ。この学校で学べた時間は、わたしの人生において本当にかけがえのない時間でした。ありがとうございました。

笠原麻奈美 30代 女性 養護教諭

Leave A Comment