1つ大きく変わったことは妻との関係が良くなりました。妻にもこの学びを勧めてみて一緒にこのことについて話し合える機会が増えました。そこでお互いに感じていることの違いが分かったり、今までは表面的なことだけの付き合いだったのがより深いところでの繋がりになったと感じてます。

次に大きな気づきとして自分には「年上は怖がらないといけない、年下には舐められてはいけない」という玉ねぎの皮があったことに気がつきました。自分では全く今まで気がつくことが出来ていませんでした。多分この価値観は小学生とか中学生の頃のものではないかと思います。その時は必要だったのだと思いますが42才になった今全く必要ないじゃないかと笑えてきました。

それと同じ頃に気づいたことなのですが、私たちはそれぞれ意識の存在(空の存在)であることが腑に落ちた時に年上とか年下とかっていう肉体の年齢に何の意味もないじゃないかということです。私は人と話をするときにとても緊張するタイプだったのですがそれはその価値観を持っていたからだと思います。そこに気がついてからはそんなに緊張することが少なくなってきました。

お相手の空を感じながらお話をしたり、今を感じながらお話をさせてもらったり、自分の生命に対する自信を思い出したりしながら話をすると今までの緊張に振り回されてた感じがなくなり、緊張はするけれども話は出来るようになっていけてます。

授業あと2回なので寂しいような楽しみなような気持ちでいます。全て終わったら妻の分の受講料はニシトさんが初めの頃に言われていた場所へ寄付させていただきます。私達はこの学びに巡り会えて本当にありがたいと感じています。

ここで出会えた仲間にも感謝しています。

ありがとうございました。

亮 40代 男性 医療器械メーカー勤務

Leave A Comment