私は昔からドジな子でした。いつも人に迷惑をかけてばかり。

大学でダンス部のマネージャーをしていますが、仕事を忘れてしまうこともよくありました。

「私ってだめな人だ。」
「私の価値ってなんだろう。」
と夜一人で泣いていました。

そんなある日アコさんの動画を見つけ、「アコさんは自己探求する力がすごい!」
と思い、話し方教室に入りました。

いざ話し方教室に入ってみると、覚悟はしていたものの社会人の方がたくさん。

大学生の私は「みんなとうまく話せるかなあ?」と思っていました。

しかし、
「よろしくね。」
「いろいろお話聞きたいな。」
みんな、私に興味をもってくれました。

ほかにも、話し方教室に入ってたくさんのやさしさに触れました。

アコさんが「自分を大切にしましょう」と教えてくれました。

グループワークで失敗しても、周りのみんながフォローしてくれました。

相談をすれば、親身になって答えてくれました。

気がついたら、夜不安になって泣くことはなくなっていました。

ミスをしても、「やっぱりドジだけど、これが私。」と思えるようになりました。

話し方教室は承認空間。

ドジでおバカでも、年が離れていても、何があっても受け止めてくれます。

「きっと自分を受け止めてくれる。」

そう思えたら、自分が感じているありのままの言葉が出てくるようになりました。

あなたはどうして話し方を学びたいですか?

たくさんの答えがあると思いますが、共通しているのは「幸せになりたい」ということなのではないでしょうか。

話し方を通して、人間関係、心、幸せ、などなど、ド深く学びたいのなら話し方教室をおすすめします!

松下萌 大学1年生

Leave A Comment