ニシトアキコ学校は
「自分」を深く理解し
「幸せ」に気づくための学校です。

ニシトアキコ学校とは?

12のテーマに基づいた24回の授業で、自分の心を旅します。
そして、世界に1冊だけの自分の本をつくります。

目指すゴール

自分を知り、自分に出会い、自分を生きる。

自分が本当にやりたいことに気づき、
創造的に人生を生きていくための 新しい土台づくりを目指します。

人生を変える出発点に立つ

<人生は思い通りになっている?!>

あるホームレスの人に、1000万円を渡したら、
数ヶ月できれいになくなった
という話があります。
なぜそうなったのでしょうか?

話を聞いてみてわかったのは、

「お金なんて持っていると、ろくなことはない」

とその人が信じているということでした。

「お金なんてない方が幸せだ」
と思っていたその人は、

ちゃんと思っていた通りになったというわけです。

心の深いところで「こうだ」と思っていることの多くは、実現します。

そういう意味において、
人生は、ほとんど「思い通り」なのです。

でも、自分でも「気がついていない思い」
の通りになることが多いので、

こんなはずじゃなかったと感じます。

その「気づいていない思い」に気づくことが、
人生を変えていく出発点です。

自分でも気づいていない思いの通りになる人生から、
そろそろ卒業しませんか?

YouTube講演家、鴨頭嘉人さんとの対談で詳しくお話ししています。

こんな人が学んでいます
(入学理由)

自分
人生
生きがい
家族
健康
自己実現
目標達成
人間関係
幸福感

授業の内容

「こんな自分がいたなんて、知らなかった!」
自分を見つめる新しい視点で、
 知らなかった自分に出会います

「まさか自分を不自由にしていたのが、自分だったなんて!」
自分を不自由にする考えから、  
自分を解放して自由になります

「できないって決めていたのは、自分だった!」
本来の自分を制限している多くの思い込みに  
気づき、理解し、終わりにします。

「本音で話せる仲間に出会えた!」
生徒さん同士のコミュニケーションで、  
気づきを深め合います

幸せって何でしょう?

「願いが叶えば幸せになれる」と信じられていますが、それは本当でしょうか?

たとえ願いが叶ったとしても、喜びは長くは続きません。

幸せとは、そんな儚いものなのでしょうか?

「もっともっと」と頑張りつづけると、ときどき感じられるご褒美なのでしょうか

誰もが求めているのに、なんだかよくわからない幸せ。

もしかしたらすでに手に入っているのに、気づいていないだけかもしれません。

第一回授業は、こちらから無料でご覧になれます。

私たちは、「自分が体験している現実」を「いわゆる現実」だと思っています。

 

でも自分が体験しているのは、「自分のフィルターを通した現実」。

自分の価値観で解釈した現実です。

 

ということは、「自分が体験している現実」は、「自分だけのもの」。

今、目の前にある現実をつくり出しているのは、他でもない自分なのです。

ということは、その現実を変えることができるのも自分、ということになりませんか?

あなたは誰ですか?

多くの人が「自分の体と心をあわせたもの」を、漠然と自分だと感じています。

でも、体の細胞は数年ですべて入れ替わりますし、心の入れ替わりと言ったら、それはもうあっという間です。

それでも変わらないもの。

それこそが「あなた」です。

私たちは日々起こる出来事を、「良い」「悪い」と判断しています。

そして「良いこと」が起きれば喜び、「悪いこと」が起きれば苦しみます。

でも人生は、予期せぬことの連続。

コントロールはできません。

起こる現実を受け入れる。

それはあきらめることではなく、行動的で実践的な新しい生き方です。

価値観は、いろんなことを「良い」と「悪い」にわけます。

価値観とは、自分が信じている考えのこと。

そのため同じことが起こっても、「良い」「悪い」は人によって異なるでしょう。

ということは、人生の体験を作っているのは起こる出来事ではなく、自分の価値観です。

自分が信じていることが、自分の人生を作っています。

価値観への気づきは、人生がかわる扉です。

誰もが、「自分とはこういう人」というイメージを持っています。

「イメージ」とは「幻」です。

自分だと思っていた自分像がイメージにすぎないと気がつくとき、

これまでの自分から自由になります。

そこにいるのは、ありのままの自分です。

「自分とはこういう人」というイメージを持つように、まわりの人のことも「こういう人」というイメージで見ている自分に気がつきますか?

それもまた、イメージである以上、幻です。

その幻に気がつくとき、真の関係がはじまります。

人が生きられるのは、今だけです。

ところが、過去や未来について、いつも考えてしまい、なかなか今を生きられません。

「今」に、過去や未来を連れてきて、頭の中は大忙しです。

どうでしょう?

そろそろ今を生きませんか。

私たちは、まわりの人のことを、ああだこうだと考えます。

「どうしてそんなことを言うのかしら?」

「あんなことしなければいいのに」

もしそれが、その人のことではなく、実は自分のことだったら・・・

どうでしょう?

すべては自分のこと。

まわりの人は、大切なことを教えてくれる先生です。

幸せは、どこにあるのでしょう?

自分の外を探しても、きっと見つかりません。

探している自分こそが、幸せだからです。

幸せは手に入れるものではありません。

気づくものです。

だから、幸せになれるのはいつだって今なのです。

子供たちは、キラキラわくわくしながら、輝いて生きています。

誰にだって、そんな時があったはずです!

 

見るものすべてが生き生きとしていたあの頃のワクワクは、なくなってしまったのでしょうか? 

そんなことはありません。

いろんな蓋に覆われて、見えなくなっているだけ。

蓋の向こうにあるワクワクに出会えますように。

世界にただひとりのあなた。

あなたを生きられるのは、あなただけです。

あなたが、

あなたを知り、

あなたに出会い、

あなたを生きられますように。

原稿は、必ず提出しなければいけないわけではありません。

希望される方だけで結構です。

大切なのは書くことではなく、書くことを通じて自分に向き合い、書いたものを通じて自分を少しはなれたところから見たり感じたりできることだからです。

12回の授業というあなたの心の旅は、世界に1冊だけの本に印刷してお送りします。

Client Photo
東京 30代 女性

子供に手を上げなくなりました

入学の理由の1つに、子供に手をあげてしまうということがありました。


暴力を振るわれて育った私は、
両親のようにはなりたくないと思っていました。


でも、いつしか同じようになってしまい、
自分を責めるようになりました。


去年の今頃、こたつ布団をセットして間もないときに、
息子が派手に味噌汁をこぼしてしまいました。


買ったばかりのこたつ布団と絨毯が、 味噌汁まみれに…


すぐに拭こうとせずフリーズしている息子を見て、頭に血が上ってしまい、怒鳴りつけ手をあげてしまったんです。
(怪我をさせるほどではありません)


・これまでも何度もこぼすことがあり、
何度も何度も注意してるのに、一向に改善されなかったこと。


・新調したばかりの、洗濯できないサイズのものを汚されたこと。


・ただただ呆然としていること。



全てに腹が立ち、自分の怒りを抑えられなかったんです。


息子が悪気があってやったわけではないことは、 十分理解していたのに…


冷静になった後、「やりすぎた。痛かったね。ごめんね」と謝りましたが、とにかく自己嫌悪に陥りました。


暴力を振るう両親や、DVをする人のことを軽蔑してたけど、程度の差はあれ私も同じだったから。


そこからは手をあげるほどに頭に血が上るようなことは起きませんでしたが、
今日、全く同じことが起きました。

また派手に味噌汁をこたつ布団にこぼされました。テレビのリモコンも被害に。


でも、今回は全く腹が立ちませんでした。


二人で冷静にテーブルやこたつ布団、リモコンを拭き、


「お椀が滑りやすい素材だから、前から気にはなってたんだよね。明日、滑りにくいの買いにいこっか」


と自然に声をかける私がいました。


「ほぅ」と受け止め、そのときすべきことをする。それを体現できた出来事でした。


一緒にお風呂に入りながら、伝えました。


「去年は叩いてごめんね。もう感情に任せて叩いたりしないよ」と伝えました。


息子は、こぼした瞬間に「また叩かれるんじゃないか」と思い、すぐに「ごめんなさい」を言えなかったと、正直に話してくれました。


去年は、「すぐに謝れない子だ」というラベルを貼っていたけど、そうさせてたのは私だったんですね。


今日、学校の個人面談に行き、先生から
「〇〇君、最近丸くなりましたよ。友達を責めることが、かなり無くなりました」と言われたんです。


私を通じて、息子も無意識に色んなことを学んでくれているようです。


似た者親子、これからも学びを続けていこうと思います。

Client Photo
akane

幸せを感じる時間が増えてきた

こんにちは。 受講した感想を、正直に述べます!
今の気持ちは、「11万円の価値がある学校」だと思っています。
なぜなら、めちゃくちゃ感謝の気持ちであふれている日常だから。

不思議と、、、

そして、話す内容を事前に考えたり、人が話している間に考えることを意識的にやめた途端、
思いを伝えることが以前より高まり、上手くなった感じがします。

不思議と、、、

不思議です。

しかし、途中までは、
「話し方の学校じゃ無いの!?」
「なんか段々重くなってきた〜」
「最後までついていけるかしら?」
などなど、思っていました。
申し込みする前に、勝手にイメージしていた講義の内容とギャップがあったからです。

今は、冒頭で述べたように、学べた(継続中)ことに感謝。
どんどん幸せを感じる時間が、増えています。
こんな難しい内容を教えているアキコさんを、尊敬しています。

ありがとうございます!

これからもよろしくお願い致します。

Client Photo
東京都 40代 男性 経営者

自分は幸せだと気づけた

参加して得られたものを、一言でいうと
「自分を知ることができた」ということです。


「それができて何になる?」 と思うかもしれません。

最も大きな変化は、 自分はすでに幸せであると気づけたこと。


今までは常に、何かが足りないと幸せを外に追い求め続けて、手に入ってもまだ足りないという繰り返しでした。


幸せだと気づけただけではなく、私には少し例をあげるだけでも、以下のような二次的な効果がありました。


・人前で話すといつもものすごく緊張していたのが、無くなった
・経営している会社の売上の大小などで感じていた、コンプレックスが無くなった
・家族や社内メンバーにイライラすることが、ほとんど無くなった
・人とのコミュニケーションが、深くとれるようになった

このような一見関係の無いようなことが、
“自分を知る”ことでなぜできるようになるのか。


それは、人前で緊張するのも、コンプレックスを感じるのも、人にイライラするのも、結局は自分の思い込みが原因だから。


「人に評価されたい」
「売上が大きい方がかっこいい」
「自分の思いどおりに人を動かしたい」


という自分の奥にある思い。


さらにその根底にある
「能力がなければいけない」
「自分にはその能力が圧倒的に足りない」

といった、自分の思い込みを生んでいる価値観に気づき、「別になくてもいいかな」とその価値観が緩んだとき、
いままで気にしていたことが全然気にならなくなりました。


そして、自分のことがわかると相手のことも理解できるようになり、人とのコミュニケーションも深くとれるようになります。


そのことによって別にそれを求めるわけでなくても、結果として、会社での成果にもつながりました。


幸せであることに気づくこと。
今まで自分が求めていたけれども手に入らなかったことが、逆に求めなくなることで手に入ること。

そういったことにすべてつながるのが、
「自分を知る」ということでした。

ティーチャーのニシトさんは、
このような「本当の幸せとは何か」ということをずっと考えること、ラジオDJや話し方の先生として、話して人に伝えることをずっとされてました。
その掛け算で、難しいイメージの話も、聞いている私達の頭に、すんなり理解しやすい形で伝えてくれます。


あとはいかに自分と向き合うか。

それを同じ仲間と一緒にやることで、 他の人のことも自分のことのように聞いて、
さらに理解が深まり自分のものになる。
そんな良いサイクルで学びを深めることができる環境でした。


・今まで必死で頑張ってきたけど、 頭打ちになっている」
・今までのやり方では気持ちが持たなくなりそう
・本当の幸せって何だろうと考えている

そんな人には、とてもいいきっかけになる学校だと思います。

そして多くの組織のリーダーにこそこのような気づきを得てもらえたらなと願います。

ティーチャー
ニシトアキコ

大阪生まれ、福岡育ち。
幼少期はピアニストを目指す。

高校時代にアメリカへ留学。
慶應義塾大学在学中、
3000人を超える応募者の中から、
ラジオDJオーディションに合格し、デビュー。

東京FM「Tapestry」やFM横浜「Tresen」など、
全国のFM局でおよそ15年にわたり30の番組を担当。
スティーヴィー・ワンダー、ビヨンセ、
松任谷由実、渡辺謙、稲盛和夫など
国内外のさまざまなジャンルの著名人、
5000組以上にインタビュー。

MCをつとめたpodcast「Gaba G Style
English シチュエーション別英会話」は、
月間ダウンロード平均600万回、通算4億4千万回を記録。
iTunesのオールタイムベストポッドキャスト賞を3年連続受賞。
   独立してからは話し方の学校を立ち上げ、
初代学長をつとめるなど、
スピーチやコミュニケーションを伝えてきた。

2年半のサバティカル休暇中、人間の本質はやさしさだと気づき、
世界にやさしさの表現が増えることを目指して 学びの広場「Akiko’s World」をスタート。

人間の本質的な愛、やさしさ、善意を引き出して伝えるインタビューで、
すべての人に、同じ本質が内包されることに気づいてほしいと願い、 活動している。

著書に『ひらがなで話す技術』、『本音に気づく会話術』。
『聞く会話術』は韓国語版と中国語版も発売。
歌手としては、『If you go away』などCDもリリースしている。

ご質問

「リアルタイムと、いつでも好きな時に受けられるアーカイブ受講の両方です。」

授業は、いつでも好きな時に何度でも繰り返し受けられるアーカイブ受講です。

1:「見る」動画(倍速再生なども可能です)
2:「聞く」音声(ダウンロードもできますので、通信費をかけず繰り返し聞けます)
3:「読む」テキストデータ(生徒さんがすべての授業を文字化してくださいました!)
4:「触れる」Facebookグループ(他の生徒さんの気づきの体験に触れることができます)

リアルタイムでの学びは、2つの方法があります。

1:月に2回のフォローアップ講座
1回あたりおよそ2時間、グループワークに参加したい方はZoomで、視聴だけをご希望の方はYouTubeライブ配信で見ることができます。
わからないところは、講座中にティーチャーのニシトアキコに直接質問していただけます。
なお、フォローアップ講座には、お申込み後3ヶ月のあいだ参加していただけます。

2:先輩や仲間との交流
フォローアップ講座に参加している方専用のFacebookグループで、さきに学んだ先輩や同じタイミングで学んでいる仲間と交流することができます。
こちらでニシトに質問していただくことも可能です!

「501名です!(2021年3月31日時点)」

年齢層は、14歳から72歳まで、職業、性別など幅広い方が学ばれました。
また、日本全国だけではなく、ベトナム、オーストラリア、アメリカ、スイスなど海外からも多くの方が学ばれました。 

3ヶ月に1度、締め切りを設けています。

ご自身が提出したいタイミングで、出していただければ結構です。

提出後、およそ1ヶ月ほどで本をお送りします。

できます。

1冊が完成した後に、各自追加でご注文いただけます。

フォローアップ講座で質問してください。

月に2回、ニシトアキコが行うリアルタイムのフォローアップ講座があります。
お申込みから3ヶ月間、無料で受講できますので、そこでニシトに直接質問してください。

また生徒さん専用のSNSでも、先に学んだ先輩やニシトに質問することができます。

お申し込み

受講方法:・授業は、いつでも、どこでも、好きなときに、繰り返し学べるアーカイブで
     ・質問や仲間との交流は、リアルタイムのフォローアップ講座と専用SNSで

・動画視聴
・ストリーミング音声(ダウンロード可)
・テキストデータ(生徒さんによる文字化)
・Facebookグループへの参加(先輩や仲間とのコミュニケーション)
・3ヶ月間のフォローアップ講座(月に2回、ニシトがリアルタイムで行う補講クラス)

学費:一般 11万円、学生66,000円(税込)
クレジットカード払いか銀行振込をお選びいただけます。

内容:幸せや自己について探求する24回の授業

・授業のテーマ数:12テーマ
・授業の回数:計24回(1テーマにつき2回の授業)
・1授業あたりの時間:1時間40分
・合計:およそ40時間
・視聴期間:1年間

ニシトアキコ学校 お申し込みページ
お名前  *
よみがな  *
メールアドレス  *
電話番号  *
郵便番号  *
住所  *
 (建物名もご記入ください)
受講費  *
お支払い方法  *
(学生の方は銀行振込でお願いします)
生年月日  *
参加理由
 
解決したいことなど、よかったらお伝えください。